弁護士 高井翔吾

 

 

経歴

2006年 3月 東京大学法学部第1類 卒業
2008年 3月 東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻 修了
2009年 9月 司法試験 合格
2010年12月 最高裁判所司法研修所 修了
弁護士登録
2011年 1月 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 入所
2013年10月 池田・高井法律事務所 開設 現在に至る

 

主な公職

〈東京地方裁判所〉

非常勤裁判官(民事調停官)(2019年~)

〈日本弁護士連合会〉

民事裁判手続等のIT化検討ワーキンググループ委員(2018年~2020年)

〈東京弁護士会〉

理事者付嘱託(2014年~2016年)

法律相談担当(一般民事事件,労働事件等)(2013年~)

 

ご挨拶

以前所属していた法律事務所では、事業者の方向けの法律業務全般を取り扱っておりました。現在では、事業主の方の顧問業務に加え、労働問題、相続問題を中心に、個人の方向けの法律業務も幅広く取り扱っております。

「弁護士に相談するようなことだろうか・・・」というようなことでも、法的な問題がなければそれが何よりですので、ご相談を通じてご安心いただければ嬉しく思います。一方、法的な問題がある場合、または、将来生じうるおそれがある場合には、なるべくお早めにご相談いただくことで、より適切な対応が可能になります。どんなことでも構いませんので、まずはお気軽にご相談ください。

 

著書・論文

『嘱託先が正当な理由なく調査嘱託への回答を拒絶した場合に、訴訟当事者に対する不法行為の成立が否定された事例(東京高判H24.10.24)』(ビジネス法務 2013年5月号)
『遺産分割実務マニュアル(共著)』(ぎょうせい、2016年)
『民事反対尋問のスキル(共著)』(ぎょうせい、2018年)

 

個人HP

労働問題 http://www.takai-lawyer.jp/
相続問題 http://www.takai-souzoku.jp/